忍者ブログ

暑い日に熱い液体をかけられるなんて最高だねぇ!

今日は台風11号の残りカスの影響で生憎の雨模様だったので、
V-strom1000の2回目のオイル交換に挑みました。

オイルは前回と同様で「スズキ エクスターオイル スーパーデラックス」を
3リットル手配。純正とは思えない値段の安さと缶切りが気に入ってます。

それに加えて今回はスズキ純正のオイルフィルターも購入しました。
スズキ純正パーツの型式Noはマニュアルには載っていないので、
パーツリスト購入するとかバイク屋に聞くとかで調べてください。

マニュアルにはオイルフィルター交換目安が18000km毎と記されているのですが、
1年でそこまで走れる気がしないですね。素直に時間経過で交換した方が良いような。



~~

で、いざ実践。まずは3分程度アイドリング。あまり長くやる必要もないのですが、
エンジン切った直後はオイルが熱くなっているので少し覚ました方が良いかも。

良い感じに温めたら、オイルフィルタを外すのに邪魔なアンダーカウルを外します。
左側が+ネジ、右側が六角ネジで止められているという不思議な構造をしています。



無事に外し終わったら排油受けをセットしてドレンボルト→オイルフィルターの
順番で外していきます。ドレンボルトはソケット幅17のレンチで外れます。
最初はメガネレンチで緩めて最後はゴム手で回して外した方が安心できます。

オイルフィルタはデイトナのオイルフィルタレンチ(36377)を使って外しました。
レビューにも書いていたので覚悟はしていましたが、かなりキツめに作られています。



オイルを排出しきったら新品のオイルフィルタを付けてドレンボルトを締めます。
ドレンボルトは締め過ぎると色々残念な目に遭うのでほどほどに。
最後にオイルキャップを開けて2700mL分を注ぎ込みます。

オイルだけを交換する場合は2700mよりも少し少な目でも充分なんですが、
フィルタも交換している場合は2700mLより多めに注いだ方が良いかも。



最後に再びアイドリングしてオイル漏れが無いか確認。
異常が無かったらアンダーカウルを付けて作業完了です。

今までの車両に比べるとだいぶ作業が楽ですね。
自己責任になりますが興味のある方は自力作業に
挑んでみてください。それでは。

拍手[1回]

PR